ウーマン

二重まぶたを手に入れたい│美容整形の中でも費用が安い手術

手術内容を把握する

眼

費用がリーズナブルな二重まぶたになれる手術には種類がいくつかあります。受ける前に特徴などを把握しておくと自分に合っている二重手術方法を見極めることができるでしょう。まず始めに埋没法について紹介していきます。埋没法とはまぶたにメスを入れずに理想の二重ラインを作ることができる手術方法です。まぶたに自分が希望している二重の線をデザインし、麻酔を打って医療用の糸でまぶたの裏側に数か所縫い合わせるという方法だと言われています。その埋没法は糸の選び方や縫い合わせ方、ドクターの腕によって仕上がりが変わってくるのです。例えば、細く柔らかい糸であれば、まぶたが腫れにくいと言われています。また、糸を縫い合わせる点が多ければ多いほど効果の持続力はとても長いのです。ですが、埋没法はまぶたを縫い合わせるだけなので、まぶたのタイプによって元に戻ってしまう可能性もあるのです。しかし、「メスを入れることが怖い」「変わりすぎないか不安」「1度整形を試してみたい」という人には、この二重手術は費用も格安なのでうってつけだと言えるでしょう。腫れも少ないですし、施術時間も大体15分程度で終えることができるという利点もあります。さらに、自分が理想に描いている二重まぶたではなかった場合、やり直しがきくのも人気の秘訣ですね。その次に、まぶたが厚く、重みのある人でもスッキリ二重まぶたにすることができる切開法の情報を見ていきましょう。その手術はまぶたに麻酔をして、余分な脂肪を除去して縫い合わせるという方法です。1週間程度おいて、抜糸をすると自然な二重まぶたを手に入れることができると言われています。効果も半永久的に続くので多くの人が利用していますが、ダウンタイムが長いという点も頭に入れておきましょう。埋没法に比べるとダウンタイムが大体1週間~2週間なので、仕事や学校があるなら長期の休みを利用して二重まぶたの手術を受けるといいです。また、この切開には、「全切開法」と「部分切開法」があるので、自分に合っている手術を受けたいなら専門の医師に相談してみるといいかもしれません。最初のカウンセリングの際に、自分が希望している目元をお伝えすると費用などを考慮して最適なプランを医師が提案してくれます。他の美容手術に比べると二重まぶたを手に入れることができる手術は費用がリーズナブルですが、あまりにも安すぎると高い効果を実感できない上に修正手術が必要になってくる可能性もあります。それでは、せっかく費用が安い所を選んだとしても手間がかかってしまいますし、修正手術だとさらにお金を支払わなくてはなりません。それを考慮した上でクリニック選びをしましょう。